宝登山神社 御鎮座壱千九百年記念事業
趣意書
 当社は景行天皇四十年(皇紀七七〇・西暦二〇)皇子日本武尊が勅命を奉じ東国地方を平定、凱旋の途次寶登山にお登りになり、神日本磐余彦尊(神武天皇)・大山祇神(山の神)・火産霊神(火の神)を祀られてから、平成二十二年(2010)は御鎮座壱千九百年の節目を迎えます。
 社殿は、江戸時代末期より実に二十九年の歳月を掛けて、明治七年に拝殿が完成、爾来百三十余年の歳月を経て、社殿各部には傾きが生じ、彫刻の彩色はほとんど消え失せてしまいました。
 今般記念事業として、社殿の傾きを正し、彫刻には彩色を施す等、創建当時の姿に復興し、老朽化した儀式殿及び神札所を新築、更に紀元二千六百年奉祝事業で建設された記念館(齋館)の改修を計画致しました。
『長瀞は天下の勝地・寶登山は千古の霊場』と詠われ、この豊かな自然と先人達の努力により培われ、守られてきた当神社の悠久の歴史・伝統を子々孫々に伝え残すことは、今に生きる私たちの責務であろうと存じます。
 甚だ世情厳しき折ではありますが、ここに氏子・講社・講中・崇敬者各位の熱誠溢れる御奉賛を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。
平成十九年 一月吉日
寶登山神社 宮司  中山高明
寶登山神社 御鎮座壱千九百年記念事業奉賛会 会長 小菅一憲
完成予想図

復元予想
復元予想
現状
現 状
  復元予想
復元予想
現状
現 状

事業概要
主な事業内容
(1)社殿改修及び彫刻の彩色
(2)神札所・儀式殿の新築
(3)記念館の改修(仮殿として使用)
工事期間
平成19年初夏〜平成21年末頃まで(予定)
総事業費
五億円
事業計画
平成19年初夏
記念館改修着工
平成20年春
仮殿遷座祭 社殿改修着工
平成20年夏
儀式殿、神札所新築工事着工
平成21年冬
本殿遷座祭
平成22年春
御鎮座1900年奉祝祭催行

以降第二次事業として奥宮整備、社務所改築、神苑整備等を計画しております。

記念事業奉賛者待遇一覧
奉賛金額 御芳名
永久保存
御芳名
銘板刻書
奉祝祭
案内
本殿遷座祭
案内
記念品
贈呈
例大祭
案内
壱百萬円以上
五拾萬円以上  
参拾萬円以上    
拾萬円以上      
五萬円以上      
壱萬円以上        
壱萬円未満          
奉賛金
一口壱萬円以上(三口以上の御奉賛は分納が可能です)

送金先
銀行振込をご利用の場合
【振込先】 ※いずれかご利用下さい
・埼玉りそな銀行 皆野支店 普通 3787082
・武蔵野銀行 秩父支店 普通 093649
・ちちぶ農業協同組合 長瀞支店 普通 0008073
【口座名称】
寶登山神社 宮司 中山高明
御鎮座壱千九百年記念事業奉賛会
銀行振込を御利用の方は、住所・氏名等の御連絡先を当社宛まで、お伝え願います。
郵便振替をご利用の場合
【振込先・口座名称】
00170−3−409998
御鎮座1900年記念事業奉賛会
郵送の場合
現金書留を御使用願います
【宛先】
〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
宝登山神社々務所内 記念事業奉賛会 宛
完成予想図

秩父 長瀞鎮座 寶登山神社
〒369-1305埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828 電話 0494-66-0084
Copyright 宝登山神社. All Rights Reserved.
このページを閉じる